手軽に栄養補給したい!でも青汁ってまずそう…

緑の葉物野菜を使ったお料理が毎日食卓に並べられれば良いのですが、お料理上手なわけでもなく、どちらかと言えば野菜はあまり好きではないのでなかなか頻繁に作り食卓に並ぶことがありませんでした。しかし、妊娠したのをきっかけに自分自身が健康でなくてはいけない、そして赤ちゃんにしっかりと栄養を届けなくてはならないと思い食生活を見直そうと考えました。

 

ところが妊娠初期からのつわり、仕事もしていたので妊婦時代は疲れやすく仕事が終わって家に帰ってから料理を作る元気はあまり残っていませんでした。そこで手軽に栄養の取れるものはないかと考えた末に思い浮かんだものが青汁です。でも青汁=まずい、苦い…というマイナスイメージしかなく、目をつぶって鼻をつまんで飲む飲み物だと思っていました

 

ネットでどんな商品があるのか試しに検索をしてみると、飲みやすく調合されている商品も多数あるようで、青汁のキャッチコピーも飲みやすい!おいしい!という言葉が多くみられました。とりあえずサンプル品をもらえそうなものをと見つけてお願いしました。数日後家にサンプル品が届きました。

 

粉末タイプだったので作り方通りに水で薄めてみました。どんなにおいしいとか、飲みやすいとか書かれていても、見た目はグリーンの立派な青汁です。臭いを嗅いでしまって青臭いにおいがしたらもうそれだけで飲む気がうせてしまうのではないかと思いました。最初の一口を口にするのがとても緊張しました。

 

鼻で息をしないように気を付けながら、ほんの少し飲んでみました。んんっ?思っていたほど変な味がしないぞ…ともう一口。確かに想像していた青汁の味は多少します。青汁であることには変わりないのですから。しかし「まずい」「飲めない」というほどではありません。これならと思い手軽な栄養補給のために青汁を購入しました。

 

その日から毎日…というわけではありませんでしたが2〜3日に一度は飲むようにしました。気休めかもしれないけれど多くの緑の野菜を取っているような気がして気持ち的にも満足することができました。出産後も母乳育児でしたので青汁を続けています

 

子供の離乳食も始まり、最初は順調でしたが野菜はあまり好きではないようで食べてくれません。子供でも飲んでよい青汁なので青汁の粉末を混ぜてホットケーキを作っておやつにしたり、牛乳に混ぜてみたりすると子供も食べたり飲んだりしてくれるので、野菜を食卓に並べて野菜に興味を持ってもらえるように努力しつつも、日ごろの栄養は青汁で多少補えるといいなと思っています。青汁って本当に便利です。


このページの先頭へ戻る